OFFICIAL

スチャダラパー Boseとアウトドアテック

Bose | スチャダラパー
スチャダラパーのMC担当。
1990年にアルバム「スチャダラ大作戦」でデビュー以来ヒップホップ最前線でフレッシュな名曲を日夜作り続けている。
個人活動としては、テレビ・ラジオ・CM出演、ナレーション、執筆、ゲーマーなど、幅広いジャンルで活動中。
出身である岡山県の「おかやま晴れの国大使」に就任。
現在、京都精華大学で准教授を努めている。
デビュー25周年となる2015年に通算12枚目となるアルバム『1212』をリリース。
4月には25周年公演『華麗なるワンツー』を東京、大阪で開催した。

Bose :
鎌倉に越してきたのは去年の11月くらい。まだ1年経ってないけど秋から冬、夏まで暮らして、最近ようやく鎌倉のいろんなことが見えてきた感じ。やっぱり夏がすごいね。
もともと鎌倉に友達がけっこういて、ご飯屋さんとか音楽系の人とか。前からいいなと思いつつも、なかなか物件がなかったりして決めかねてたんだけど、いい物件がパッと出て。なんにせよ結婚して子どももいるし家族にとって環境がいいところを探してたのもあって、まあ、鎌倉がいいかなと。


実はその前に京都っていう選択肢もあって、実際に家を借りて2年くらい行ったり来たりしてるんだけど、さすがに新幹線で2時間とはいえあまり気楽ではないので、京都だけでは無理かなと。それでいうと鎌倉は、東京に通うにしても、第三京浜でも湾岸でもつながってて、すげー行きやすいから。東京から上(北)に行っても左右(東西)に行っても、ほぼ1時間の移動でこんなに環境の変化があって、いいところって鎌倉、逗子、葉山以外にあんまりないんじゃないかな。言っても町だし、紀ノ国屋とかあるから不便もない。 とにかく、子どもがパッと遊べる場所が近所にたくさんあるところに行きたかった。海も家から10分くらいで出られるし、砂浜に子どもを離しとくと3時間くらい余裕で遊んでるから超楽っすよ(笑)。だからもう週2、3回は行く。都内だと本当に行くとこないからさ。「どうする?どこ行く?じゃあクルマ出す?いまの時間混むよー」みたいな。


葉山もクルマで15分くらいだからよく行くね。ちょうど海の向こうに富士山があって夕日が沈むの。だいたいオアシスかブルームーンっていうオシャレな海の家もあるのでそのどっちかに行って。つい先週も(高木)完ちゃんと(藤原)ヒロシくん、ZEEBRAがイベントしたりもして。そう、けっこう東京から友達が来るから、意外と鎌倉に住んでる方が会うんだよ。変に世田谷とかに住んでると「また今度ねー」とか言いながらあんま会わない。こっちにいると来るから。「鎌倉へん行くんですけどいますかー」って良いきっかけになって、よく友達が来る。


奥さんも若い頃、友達んちに居候して鎌倉に3カ月くらい住んだことがあるから土地勘もあるし。なんせ、知り合いがご飯屋さんとかパン屋さんやってるのがいいね。東京は広いから知り合いが吉祥寺で店やってるって言われても遠くて気軽に行けないじゃん、みたいな。鎌倉はコンパクトな町だから、家から10分くらいで知り合いの店が数軒あるから。 食べ物もやっぱり知り合いが作ってると安心感あるじゃん。嘘つかないからさ。それって昔はあたりまえだったんじゃないかな。鎌倉って都会的でもあるけどローカルを大事にする文化もあるから。それこそスケートボーダーもサーファーも地元でステイして友達のご飯屋さんで食べてって、経済とコミュニティがすごくうまくまわってる。外からもお客さんが来るし、自分たちでも消費するし。でも東京よりは競争率は低いから、いい感じで続いていく。


東京へは週3、4回くらい行きます。電車の時もあるけど、ほとんどクルマで、でも第三京浜があるから1時間くらいでスタジオに着いちゃう。あとC2が繋がって、大井町から一瞬で三茶や新宿まで行けるようになって、本当にビビるよ。あの開通はぼくにはラッキー。こういう言い方するとあれなんだけど、本当にお得感チョーあって。東京に住んでる人ごめんねって(笑)。かつては自分がそうだったんだけど、あそこに住んでる人たちってあんなに家賃高くてこんだけ、みたいな。だってこれ(海も森も)全部タダだよ。都内でこんだけの自然ってないから。


生活リズムは、鎌倉うんぬんというより、子どもがいるから朝起きなくちゃいけない。夜も早いかもな。もう夜3時とかまでうだうだ起きたりはしない。夜12時くらいには寝るかな。そうしないと朝6時に叩き起こされるから。マジもうクロスチョップで。 だから音楽制作も子どもがいると、昔みたいにパソコンの前で資料いっぱい広げてって環境整えるのは許されない状況。こどもが「なにやってんだよ、バシ!」って邪魔しにくるから、「なに」って仕事なんだけど(笑)。前みたいにモノがいっぱいある状況でなんかやれることはないから、それこそシンプルにiPhoneだけもってコソコソ歌詞をメモするとか、ヘッドフォンしてやるとか。


だからクルマでの移動中は貴重な時間。実は音楽聴く時間ってなくない? やっぱクルマで1時間くらい移動するとアルバム1枚聴けたりするから、ちょうどいいインプットになってるし、アイデアも浮かぶし。 でも昔みたいに無限に時間があるわけじゃないので、メンバーとも集中して集まってパッとやろうってなるよね。なんか前はさ、近所に住んでるとさ、だらだら集まって何もないみたいな時間がいっぱいあって。「1回集まってみよう」でも「なんもなし」、そればっかみたいな。「これ観たことある?」ってウォーリアーズのビデオとか、『白線流し』全巻とかずっとそれ観て終わり、とか。「いったん『ウイイレ』一試合やろう」とか。それはそれで良かったんだけど、さすがに今はそこまでの時間はないから。 もちろんその無駄な時間がスチャダラパーの楽曲に活かされてるんだけど、だとしても全部やった(笑)。25年でやりきった。25年中7年くらいほぼ無駄に何もせず遊んでたから。だからもはや、メンバーがすげー離れても一緒だと思うよ。いまだにアニは「仮面ライダーのこの怪人知ってる?」って教えてくるから。昔は雑誌のキリヌキだったのが、いまはスマホの画面になっただけだから。


OUTDOOR TECHについて

OUTDOOR TECHのスピーカーは、しばらく使ってみましたけど、超いいですよ。最近スマホのスピーカーで聴くの慣れすぎたけど、やっぱショボいじゃん。言うても。昔は昔でみんなさんざん凝っていいスピーカーで聴いてたけど、あるときから簡易なものになっていって、その間を取る意味ではこれくらいのBluetoothスピーカーがちょうどいいんじゃないかな。〈turtle shall2.0〉は、外とかお風呂で聴くのに超いい。


特に気に入っているのはデザインと色使いかな。このツヤ消しにしてる感じとか、自分らのライフスタイルにもあうじゃない? なんかいまどきちょっといい日本製のいいものってテカテカしてるじゃん。日本車のデザインとかもバキっとしすぎてたり。これデザイナーってアメリカ人でしょ。このロゴマークもイエティ(雪男)だろうし。それとかもいいよね。可愛い。スケートボーダーだったりするのかな。横ノリカルチャーのセンスだよね。 しかも、このヘッドフォンタイプの〈privates〉はパッドで操作できるのが面白い。いちいちiPhoneを出さなくてもスワイプでトラックを飛ばしたり、音量を調節できる。コードがないのもいいよね。テクノロジーが詰まってる感じもいいし。Bluetoothでリンクして、接続したらガッとテンションが上がる。


それに子どもが雑に扱っていいのもいいよね。ちょっと水濡れてもいいし、壊れない感じが。子どもがいるとなんやかんやで壊すじゃん。iPhone6とか一瞬で割れたもんね。だからスマホとかひ弱すぎ。子どもとかに無理!絶対ガワはOUTDOOR TECHみたいにラバーにしてほしいよ。


音に関しては、〈turtle shell2.0〉はたぶんテーブルとかにポンと置いて、空間に広がっていくような音作りで不思議だよね。みんなで聴けるようになってて、すごい賢いよね。下にウーハーがあってけっこう低音も出るし、ヒップホップぽい音で聴けるじゃん。前は小型スピーカーでそういうのなかったからね。だからiPhoneとこれがあれば、自分がいま作ってる曲鳴らして歌詞書くって作業もできると思う。これ持って子どもから逃げちゃえば邪魔されないから(笑)。 それに、今特に、逗子とかって海の家で音をダーンて出せなくなったから、これくらいの小さいスピーカーがちょうどいいですよ。あんまデカすぎず、自然の音にかき消されすぎず。それに砂浜で聴いてて砂や海水で汚れても水でじゃじゃっと洗えるのもいい。子どもがいると特にすべてのモノがそういう造りがいいです。


Boseレコメンドトラック

シェア